絵で自分の伝えたい事、自分の人生の道・フランスでの私の仕事

昨日、LBという朝活に、私が発表したので、下記の文章やいろいろな準備しておきました。
もし興味があれば、読んでみてくださいね(◍ ´꒳` ◍)b

絵で自分の伝えたい事、自分の人生の道

今日はフランスでの私の仕事を紹介します。
仕事だけではなく、人生の道も紹介します。

LB-004

1・勉強

まず、”仕事は何ですか”と聞かれるたびに、”イラストレーター”と答えています。
”そのため、どんな勉強をしましたか”と聞かれるたびに、”独学です”と答えています。

実は、子供の頃、夢が二つありました。
魔法少女になりたかった。それからイラストレーターにもなりたかった。
でも、両親は、昔子供の将来ために、戦争がなさそうな国に逃げました。
だから、したかった勉強にはおかねが足りなかったし、私への両親の期待はすごく重かったんです。

フランスで、最近、IT産業の仕事が流行ってきましたので、ITエンジニアを勉強しました。
そして、3年間ずっと、ソフトウェアプログラマーとして、国の会社で働いていました。

それでも、高校生時代から、ずっと”ファンジヌ”というフランスの同人誌を作りました。
ファンジヌは最初から最後まで自分で作った本なので、アートのとてもいい練習になったし、お客さんや他のイラストレーターと同じ気持ちになれるんです。
でも、この世界でお金は本当に問題なので、その時アートはしゅみだけでしかありませんでした。

ある日、私のIT会社の課長は給料を上げました。
私の仕事に満足したということでした。
その会議が終わったとたん、私は嬉しいかわりに、不安になりました。
そして、自分の人生の道を考えました。
お金だけが本当に私の目的かな。
私は、ソフトウェアプログラマーとして、本当に人の役に立つかな。
自分のためじゃなくて、世界の人に勇気を与えるためにメッセージを伝えたかったんです!
だから、その時、IT会社に辞めました。

2・漫画家

フリーランスの書類を準備しているうちに、運命みたいに出版会社から連絡が来ました。
フランスで、8年前に、Facebookにかわって、Myspaceは流行っていました。
私のMyspaceを見た出版会社は私に世界中で発売する漫画を依頼してきました。
MMORPGというインターネットで遊ぶテレビゲームの漫画を作ることでした。
それが、イラストレーターとして、私の最初の仕事でした。
でも、コミッションのために、自分のメッセージを伝えられなかったので、別のアート世界に行くことにしました。

3・画家

何といっても華やかな女性を描くのが好きです。
だから、絵画は私にぴったりです。
自由なので、何でも伝えたいことが描けます。
例えば、私の得意分野は顔の表情で気持ちを伝えることです。

4・子供の絵本のイラストレーター

fraisie-cover-jp

画家の世界は自由みたいだけど、自由な世界というよりお金の世界なんです。
お金持ちのお客さんだけではいやだったし、どんな子供も感動させたかったです。
だから、子供の絵本の世界に行きました。
いいのは、夢を見させながら、未来の人のためのメッセージを伝えることです。
例えば、私の最近の本は、魔法少女の話をしながら、自分のことを信じたら、自分の夢が叶えられるというストーリーです。
パティシエの冒険を経験しながら、自分の力は自分にとって魔法だと分かるようになります。
そういうポジティブで楽天的なメッセージを伝えるのは私の人生の生きがいです。

5・出版社

イラストレーターになったので、自分の夢を叶えられたけど、まだもっと役に立てると感じています。
フランスの出版会社で問題がたくさんあるんです。
出版社は仕事へのプライドがなく、靴下のように本を売るし、できるだけ作者やイラストレーターに払いませんし。
この結果、お客さんが簡単に売れるコマーシャル的な本ばかりが売られて、たくさんの天才的なイラストレーターの夢が壊れました。
出版の世界が厳しいビジネスものの、その世界に行きました。
ちっちゃい出版物だけを作っているけど、天才的なイラストレーターに仕事を上げられるし、ポジティブなメッセージが伝えられる本を発売できています。
例えば、最近出した本は、目がほとんど見えない主人公の青春の話です。
その主人公の目で、どうやって声優になれるか、どうやってその叶えられない夢を叶えるか、話です。
強いメッセージだと思います。
今まで、私の出版の中で、その本は大ヒットなんです。

6・アーティスト

最後に、私の仕事は何かということです。
イラストレーターはもちろん、作者でもあるし、出版社のオーナーでもあります。
いろいろな方法を使っているけど、いつも軸はアーティストです。

それが、今まで、私の人生の道です。

LB-041

京都の紅葉の始まり ~ Beginning of Kōyō in Kyōto

日本語 EN
だんだん涼しくなっていくけど、日本ではいい変化です。
だって、紅葉の始まりという意味なんだもの。

紅葉を楽しむためには、京都ほどいい所はないということです。

実は、今京都に出張しています。そのついでに、ちょっと観光しようと思いました。

でも前に、もうお寺や神社にお参りしたことがあるんです。
それに、最近、ランニングが好きになってきたので、鴨川沿いをランニングすることにしました!

そういうことを夫の京都出身の同僚に話したら、その人に「地元の人は走りません。みんな歩くはずですよ。」と言われました。

いすから落ちるほどびっくりしました、といっても、彼の話は間違っているわけじゃないです。

今朝、鴨川の周りでほとんどみんな歩いたり犬を散歩したりゆっくり釣りしたりしていました。
ランナーもいましたが、東京のに比べて、速いランナーの数は少ないと感じました。
それにしても雰囲気が良かったです〜

いつもに比べて、私はゆっくりジョギングしながら、美しい景色の写真を取りました。

最近、日本人のように紅葉の始まりに感動するようになりました。
フランス北西部の人にとって、秋といえば雨と憂愁のイメージですが…
日本の文化で大好きなのは自然を眺めながら人生の各瞬間を大切にすることです。

これが日本の生活が好きな理由の一つです♡

Even it becomes cooler and cooler, this is a good turn in Japan’s seasons: it means that Kōyō begins. And which better place than Kyōto to enjoy it?

Even if I came in Kyōto for business travel, I really wanted to visit. I already knew the shrine and temple aspects of Kyōto. But to explore a new facet of the city, and as I really like running these days, I decided to run around Kamogawa surroundings.

When I talked about this project to one of my husband’s colleagues, native from Kyōto, he told me that the inhabitants walk, but do not run. This really surprised me.

And in fact, he was quite true. This morning, when I went running, I saw people walking, cycling, walking their dog or fishing. Compared to Tōkyō, there were less speed runners. But I really appreciated this atmosphere. While running, I often stopped just to take pictures of gorgeous landscapes.

Kōyō has just begun, and like the Japanese, this really moves me. While, in France, Fall means rain and melancholia, the way the Japanese enjoy this season is great. I love the Japanese culture, which treasures every life moment through the contemplation of nature. That is why, among all, I love the life in Japan!

ところで、金閣寺の周りをたくさん素敵な椛が見えるんです。あそこで、紅葉の始まりに感動させました。 By the way, I also wish to share the beginning of Kōyō in Kyōto, not only around Kamogawa this time, but around Kinkaku-ji. Momiji are gorgeous!

超時空カフェ娘娘 ・ CHARACRO feat. マクロスF ~ Macross Frontier café

CHARACRO feat. マクロスF ~ Characro x MacrossF café

今年、超時空カフェ娘娘という新しいマクロスカフェが東京で営業を開始しました。
今、幸せなことに(ラッキーなことに)東京に住んでいるので、このカフェに行けます!

そういうエンターテインメントカフェが全部好きなわけじゃないけど、このお店は私が2007年からずっと好きでいるアニメに関するカフェなので、行くしかないんです!

実は、本当にたのしかったんです!
最初から最後まで店員さんが親切に案内してくれましたし、キャラクターの歌やフィクションのコマーシャルを聞けましたし、面白いランキングゲームで遊べましたし、マクロスのかっこいい世界に飛び込んだと感じました。

そのうえ、キャラクターカフェのわりに、食事は美しいだけではなく、美味しかったです。
もちろんキャラクターカフェへ行くのは内装や雰囲気を楽しみたいからなはずです。
それにしても、食事は美味しければ美味しいほどいいですね。
そういうことです。

また、ガンダムカフェのように長い列に並ぶのではなくオンライン予約や電話予約ができて便利です。
大事なポイントだと思います。
なぜなら、東京といえば込んでいる店ばかりだからです。

マクロスFの大ファンにとって、超時空カフェ娘娘ほど素晴らしいカフェはないと思います!
興味があったら、ぜひ見に行ってください。
私は今月末にシェリル・ノーム誕生祭のため、またこのお店へ行くことにしました。

ちなみに、マクロス×JOYSOUNDカラオケにも行ったことがありますが、そこもオススメです。

マクロス×JOYSOUND ~ Macross x Joysound karaoke rooms

パレスサイクリング

先々週の日曜日に、パレスサイクリングという皇居の自転車のレンタルをしてみました。
可愛い自転車やタンデムが貸してもらえます。
タンデムってロマンチックなイメージがしませんか。
でも、タンデムというと、私は、月刊少女野崎くんというアニメが頭に浮かびます。
その主人公がタンデムに乗ったとき、ロボットのように走るので、全然ロマンチックじゃなかったというところが面白かったです!
だから私もタンデムに乗ろうとしたとき、ロマンチックというよりアニメのように面白くなりました。
パレスサイクリングは、無料なのに本当に充実したイベントだと思います。
毎週日曜日の日中、皇居の周りの道路が自転車優先になって、車が走れません。
だから、町中でも、静かな道路をゆっくりサイクリングできて、美味しい空気と皇居の外苑を楽しめるということはすごいですね。
東京の生活が大好きです!

日本風のレストラン

どんなに忙しくても、毎日必ず栄養のバランスを考えるようにしています。
そのために、たくさん自分で料理を作らなくちゃと思います。
でも、時々出かけてもいいですね。
そんなときは、いい日本風のレストランへ食べに行くようにしています。
そんな風な店で食べるたびに、定食は美味しくて体にいいなと感じます!
たとえば漬物や味噌汁のおかげで、寿命は長くなると言われています。
そのうえ、店員はいつもお祖母さんのように優しく話してくれるので、ちょっと日本人の家で食べているようです。
だから、どこにいても、日本風の店を探すようにしています。
そういう店に行くと、伝統的な体験をしている気分になります。
外国人にとって、そのような体験は大切なものです。

一人で行けないところ

ある日本人の友達に会う前に、お願いがあると言われました。
一人で行けないところへ行きたいそうです。
夫はJ-WORLDというおたくの場所が頭に浮かびました。
でも、そういう場所へは誰でも一人で行けますね。
私は一人で行けないところって恥ずかしいような場所のはずだと思いました。
その友達は男性なんですが、もしかしたら、女の人っぽい場所へ行きたがっているのかもしれないと考えました。
その時、Facebookで原宿のポムポムプリンカフェのグランドオープニングについてステータスを読んで、ぴったりだと思いました。
そこで、その新しいカフェでの晩御飯に友達を招待しました。
実は、料理はあまり美味しくなくて、サービスも良くなかったんです。
その店が開店したばかりだったからかもしれません。
でも、とにかく、その友達は楽しんでいたようでした。
店の飾りが本当にかわいかったし、お客さんは女子高生ばかりだったし、一人でいる男性にとっては気恥ずかしい雰囲気でしたが、
その友達はいい体験したと言ってくれて、私はほっとしました。
外国人でも、日本人に日本の場所を紹介できるんですね。

有機野菜の収穫体験

日曜日に千葉県で有機野菜の収穫体験をしました。
野菜のことだけではなく、有機栽培のことも、農家さんからたくさん教わりました。
例えば、新鮮な人参をとったら、土も一緒に食べれば体にいいそうです。
気持ち悪そうだったけど、食べてみたら、言われた通り美味しかったです!
また、おくらを噛むと、納豆のようでした。
食べてみたとき、ある先生は「ねばねば!美味しい!」と言っていました。
でも、私は食べてみたら、糊のように感じてしまいました!
フランス人は、そんな風な食品に全然なじみがありません。
どうして日本人が糊の感触が好きなのか分かりません。
ほかにも、収穫した野菜でBBQをしたランチはすごく楽しかったです。
ヘルシーな野菜なので、味は最高でした。
シンプルな幸せを味わえてよかったです。
実は、銀の匙という農業に関係あるアニメを見たので、日本の農場を見てみたかったんです。
というわけで、ちょうどいいタイミングでした。
思ったよりよかったです!
Coto学園のおかげで、いい体験ができました。
本当にありがたいです。

皇居の周りをランニング

今朝、3回目のランニングをしました。
前と同じように、皇居の周りを走ったけど、今日、間違えてマラソン用のコースのゴールを通ってしまいました。
あるランナーはびっくりするようなシャツを着ていました。フランスのMarathon du Médocというワインにちなんだフルマラソンのシャツなどでした。
日本人はすごいんですね。
ハロウィーンコスプレを着ているランナーもいて驚きました!
ゴールでみんな、かっこよく早く走ってくるし、他のランナーといい時間を過ごしていて、幸せそうだったんです。
その雰囲気を味わったら、ランニングし始めてよかったと思いました。
最初の理由は、ダイエットをしながら、運動しなくちゃいけないと思ったことでした。
私は運動が苦手だけど、日本人と走っているおかげで、だんだん楽めるようになっていくように感じます。
いつか私もマラソンに参加したいです!

ピザーラで初めて注文

昨日の夜、銀の些事というアニメを見たら、ピザを食べたくなってしまいました。
ピザが配達されないところに住んでいる田舎の人のために、ある農業高校の学生が一緒に自分のピザを作るという話です。
みなが新鮮な食品を集めて頑張って、自分たちだけで作ったピザ食べるのは感動しました。
その話を見たら、私がせっかく東京に住んでいるのに、一度もピザを配達してもらったことがないと気がつきました。
しないといけないように感じました。
というわけで、ピザーラで初めて注文して、初めて日本の宅配ピザを味わいました。
神の料理のようなびっくりするほど美味しいピザでした。
そのピザはフランスのピザに比べて、まるでデラックス料理のようなんです。
どうやって日本人がそんなにユニークなピザを作れるか分からないけど、今から次のピザを注文するきかいが楽しみです!